シンプルでミニマルな家づくりのコツ

ミニマルスタイルの家づくりとは

ミニマルデザインのポイント

ミニマルデザインを目指すときのポイントは

物を最低限に限定したとしても、身に着ける衣類や日用品などは一定の数(量)必要になります。
昨今は「見せる収納」という方法も注目されていますが、場所によって「ミニマル」で目指す洗練されたイメージを崩してしまうことにもつながります。
持ち込む必要最低限の物をしまっておける収納スペースは確保しておくようにしましょう。
収納スペースと、寛ぐためのスペースを分けておけば、片付ける作業もしやすく、整理整頓もしやすくなります。
洗練された雰囲気づくりには、整理整頓や、清潔感は重要ですからね。
また、内装やインテリアには、白やベージュやウッドのマテリアルを選ぶと、清潔感に加えて、小ぶりな空間も広く感じることができます。

余白を意識する

「ミニマル」の基本は、無駄を省くとともに、シンプルさを求めることにあります。
住空間においても、細かくスペースを分けるのではなく、大きく、大胆に分けることで余裕が生まれます。
絵画やデザイン物でも、余白の取り方が全体のイメージを大きく変えます。
空間においても、それは同様なんですね。
小さなスペースであっても、余白があることによて、解放感のある印象を与えることができます。
余白となった部分は、様々なことに使えるフリースペースとしての利用にも最適です。
新型コロナウィルスの蔓延により、爆発的な勢いで増えたリモートワークですが、、突発的に自宅での必要が出た場合でも、一時的なワークスペースとして活用することも可能になるわけです。


この記事をシェアする